「空気を読む」「空気読めない」英語で何ていう?KYを英語で表現!

英語にはない日本語

「 空気読んでよ~」
「あの人、KYだよね 」

誰かが的外れなことを言ったり、空気を壊すような発言をした時に、「空気読んで!」って思うことありませんか?

その場の空気を読み、物事を察することが求められることの多い日本ならではのこの表現。

そんな日本語の「空気を読む」「空気読めない(KY)」は英語に訳すのは難しそうですね。…でも,その場の雰囲気を考えないで話をする人に対して、「周りを察して(空気を読んで)」ということは海外でもあると思います。

今回は、「空気を読む」「空気読めない」は英語で何ていうの?KYを英語で表現!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「がっかり」は英語で何ていうの?「残念」「期待外れ」を表す英会話フレーズ!音声付

産経オンライン英会話

「空気を読む」を表すことができる英語フレーズ

take a hint

“hint”には、「ほのめかし」「ヒント」「暗示」「手がかり」といった意味があります。“take a hint” は、「ほのめかしを理解する」という意味になり、そこから、「それとなく分かる」「それと感づく」「ヒントを得る」「察する」「気を利かせる」という意味になります。

Please take a hint.
空気を読んで
Don’t you know what I mean?  Take a hint.
言ったこと分からないの?空気を読んでよ
I can take a hint.
わかったよ
※I can take a hint は、相手のヒントに気が付いたときに使えます

get a clue

“get”は「得る」、“clue”は「手がかり」という意味。「どうにも空気が読めない人」「物事が理解できていなさそうな人」に対して使える英語フレーズです。

「take a hint」とほぼ同じ意味。「あなたは鈍いですね」とははっきり言えないですよね^^; そんなとき、「Get a clue」「Take a hint」という表現は使いやすいと思います。

“Get a clue!” などと言うと、「わかんない奴だな」「鈍い奴だな」など軽蔑を含んだ表現になります。

I don’t feel like talking right now. Get a clue!
今、話す気分じゃないの。空気読んでよ!
Get a clue. She’s not into you.
分かんない奴だな。彼女、お前のことなんて好きじゃないよ
Don’t you get what’s going on? Get a clue!
今、どんな状況かわかんないの?空気読んで!

Do you want to have dinner with me tomorrow?
明日夕飯一緒にどう?

I’m sorry I have plans with my friend tomorrow.
ごめん。明日は友達と約束してるの

How about next week?
じゃあ、来週は?

I have to study for the test.
テストの勉強しないと

Oh, okay. So when are you free?
そっか、そしたら、いつ時間がる?

Ummm, I don’t know.
う~ん、分からない

Well…, I will make time for you.
そっか、時間は作るよ

Get a clue! I don’t want to go out with you!
空気読んでよ!あなたと出かけたくないの!

feel out the situation

“feel out”は、「状況や人の意向などを間接的に探る」「知ろうとする」「感じ取る」、”feel out the situation”で「その状況を感じ取る」という意味になります。

「その状況を感じとる」= 「空気を読む」としても使うことが出来る英語フレーズです。

Feel out the situation. You should leave.
空気読めよ。出てった方がいい
We’d better feel out the situation before acting.
行動する前に、空気読んだ方がよさそうだね

pick up the vibe

“pick up”で「拾い上げる」「拾う」「手に入れる」という意味。”vibe”は、振動を意味する vibration(バイブレーション)が元になったスラングで、atmosphere(雰囲気)とほぼ同じ意味になります。

“pick up the vibe”で「その場の雰囲気を察して」という意味あいなので、「空気を読む」とうニュアンスとして使うことが出来ます。

Don’t eat all the crabs. Pick up the vibe!
カニ全部食べないで。周り見てごらん
Jon is really bad at picking up vibes.
ジョンは本当に空気を読むのが下手だ

read between the lines

“read between the lines” を直訳すると「行間を読めない」、つまり「直接は書いてないけど、行と行の間に隠された意味を読み取る」という意味です。本などを読んでいる時、”直接そうは書いていないけど想定をする” ことからくる表現です。

can’t take a hint と同じように、「遠回しに言っているのに本意が伝わらない」ような場合に使われる表現です。

Emi always expects me to read between the lines. 
エミはいつも私に空気を読むことを期待する
Ken just can’t seem to read between the lines.
ケンって空気読めないっぽいよね
You should learn how to read between the lines.
空気を読むように気をつけた方がいいよ

「空気読めない(KY)」を表すことが出来る英語フレーズ

clueless

cluelessは、スラングで「鈍い」という意味があります。雰囲気や状況を把握できない人のことを「He’s clueless」のように言うことができます。

Lisa is completely clueless.
リサってほんとKYだよね(空気読めないよね)
Sorry to be so clueless, but what’s this event all about?
鈍くてすみません、このイベントはいったいどういうものなんですか?

insensitive

“insensitive”は「無神経な」「鈍感な」「人の気持ちがわからない」という意味です。sensitive(敏感)の反対ですね^^ 

He is such an insensitive person!
奴は本当にKYだ
Rachael is insensitive to my feelings.
レイチェルは私の気持ちに対して無神経だ

まとめ

今回は、「空気を読む」「空気読めない」は英語で何ていうの?KYを英語で表現してみよう!についてまとめてみました。

日本語だと「空気を読む」「空気読めない」のひとことですむ場合が多いのですが、英語だと、言い回しによって少しずつニュアンスが違いますね。

今回紹介した「空気を読む」のフレーズに「can’t」をつけたら、「空気読めない(KY)」という意味にもなります。

空気読めない人がいたら、「Take a hint!」のように使ってみてくださいね。

こちらもおすすめ☆
「微妙」は英語で何ていう?「微妙」を表すことが出来る表現7つ!音声付


英会話ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました