「寒い」「死ぬほど寒い!」は英語で?寒さのレベルで使い分け!

フレーズ

「今日は寒いね~」
「凍えるほど寒い」
「死ぬほど寒い!!」

「寒い」と聞いて、最初に思いつく単語は「cold」ではないでしょうか?もちろん、「cold」で「寒い」を表すことができますが、日本語でも「少し寒い」「凍えるほど寒い」というように、英語にもいろいろな「寒い」の表現があります。

今回は、「寒い」「死ぬほど寒い」は英語で?寒さのレベルで使い分け!についてまとめてみました!

こちらもおすすめ☆
「季節の変わり目」は英語で?「体調に気をつけて」と相手を気づかう表現12選!音声付

いろいろな「寒い」の英会話フレーズ

chilly「肌寒い」

「chilly」は、日本語でいう「肌寒い」というニュアンスのある英語の表現です。

秋から冬かけての肌寒さや、夕方になって冷えてきたときに「chilly」という表現を使うことが多いです。

「chilly」は、「涼しい」と「寒い」の真ん中ぐらいで、肌寒いときに、よく使う表現。

「cold」と比べると、寒さの程度は少し穏やかなニュアンスだね

風邪のひき初めの悪寒を感じる時は、「I got the chills(寒気がする)」と言ったりもするよ

It’s chilly outside.
外は肌寒い
There is a chill in the air.
空気が冷んやりしてる
They said tomorrow is going to be chilly.
明日は肌寒くなるらしい
It’s a little chilly so bring a jacket with you.
少し肌寒いから、ジャケットを持っていきなさい
It’s chilly in this room.
この部屋はひんやりしている

cold「寒い」

「cold」は、寒さや冷たさを表現するのによく使われる英語の単語です。「寒い」と感じた時に、まず最初に使う表現ではないでしょうか?

「It’s cold today.(今日は寒い)」はよく使われる表現ですが、涼しさを通り越して「寒い!」と寒さを感じる時に使う表現です。

「cold」に程度を表す単語(a little, pretty, so, very, super)を加えることでどれくらい寒いのかを表現することができるよ

It was super cold this morning!
今朝はめっちゃ寒かった

It’s a little cold today.
今日は少し寒い
It’s really cold tonight. I’d love a cup of hot chocolate!
今夜は本当に寒い。一杯のココアが飲みたいよ
It was pretty cold last night.
昨夜はかなり寒かった
It’s been so cold. I can’t live without heat pads!
最近は寒くて、カイロなしでは過ごせない
It was too cold to swim.
寒すぎて泳げなかった

nippy「身に染みて寒い」

「nip」は、「かむ」「身に染みる」という意味で、「nippy」は、「身を切るような寒さ」の時に使う英語の単語です。

「nippy」は「cold」よりも強い寒さで、冬の始まり、冬の終わりごろに使われる「寒い」の穂表現です。

「nippy」は、「冷たい風で身を切るような寒さ」をあらわすよ

極寒の寒さまでは行かないけど、「う、寒っ!」ってニュアンスだよ

It’s nippy outside.
外は身に染みる寒さだ
It could get nippy tonight.
今夜は寒くなりそうだ
It’s going to be nippy weather tomorrow.
明日は身を切るような寒さになるだろう

frosty「凍り付いてしまうほど寒い」

「frost」は、「霜」という意味で、「凍り付いてしまうほど寒い」という時に使われる英語の表現です。

「frosty」は、「凍るような寒さ」の時によく使うよ

有名な雪だるまの歌があるけど、「雪が降って寒い」というニュアンスだよ

It’s pretty frosty.
かなり寒い
It was cold and frosty this morning.
今朝は寒くて凍るような寒さだった
It was a cold frosty night and the roads are covered in ice.
昨夜は凍えるような寒さで、道が凍っている
The frosty weather will last for a while.
凍えるような寒さはしばらくつづく

freezing「身が凍えるように寒い」

「freeze」は、「凍る」「氷が張る」という意味で、「freezing」は、氷点下の凍えるような寒さを表現することができます。

「freezing」は、「身が凍えるような寒さ」によく使われる表現で、「寒くて死にそう!」という時には、「freeze to death」という表現がぴったりです。

「freezer(フリーザ)」は、みんなが知っているように「冷凍庫」。「freezing」は、「凍ってしまいそうに寒い」という時によく使う表現だよ

「freeze to death(死ぬほど寒い)」は、日本語と同じ意味だから覚えやすいね

It’s freezing today.
今日は身が凍えるような寒さだ
It was freezing cold out so I stayed home all day.
今日は凍えるほど寒かったから、一日中家にいた
I’m freezing to death!
寒くて死にそう
You’ll freeze to death if you go outside without a coat!
コートなしで外に出たら、凍えるよ

The bus is late. Is the bus ever coming?
バス、遅いね。いつ来るんだろうね…

Tell me about it. I’m so freezing to death here!
本当に。寒くて死にそうだよ!

まとめ

今回は、「寒い」「死ぬほど寒い」は英語で?寒さのレベルで使い分け!についてまとめてみました!

英語の「寒い」の表現にもいろいろありますが、まとめると次のようになります。

1, chilly:肌寒い
2, cold:寒い
3, nippy:身に染みて寒い、身を切るように寒い
4, frosty:凍り付いてしまうほど寒い
5, freezing:凍えるように寒い

「cold」は、実際によく使われる表現ですが、ネイティブは「chilly」「nippy」「freezing」もよく使います。

今の季節なら「It’s nippy today!(今日は身に染みる寒さだね!)」でしょうか?寒さのレベルによって使い分けてみてくださいね^^

こちらもおすすめ☆
「涼しい」は英語で?涼しい気候をあらわす色々な英会話フレーズ10選!ネイティブ音声付

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました