「涼しい」は英語で?涼しい気候を表す色々な英会話フレーズ!

フレーズ

そろそろ8月も終わりですが、朝晩は涼しくなってきましたね。
地元の小学校は今日から学校が始まり、もうすぐ夏も終わるんだな~と実感しました。

今のような季節の変わり目には同僚や知り合いと「だんだん涼しくなってきたね」という話になることも多いと思います。海外でも天候の話は、small talk(世間話)でもよく出てくる話題です。では、「涼しい」「涼しくなってきた」を英語で表現したいとき、ネイティブスピーカーは何というのでしょうか?

今回は、「涼しい」は英語で?涼しい気候を表現するいろいろな英会話フレーズ!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「暑い!」は英語で何ていうの?「暑さで体調が悪い」を表す英語の表現!ネイティブ音声付

「涼しい」は英語で

cool:涼しい

天候について話すときは「cool(涼しい)」を使います。

It’s a cool day.
今日は涼しい

外の風や扇風機の風が涼しいときは”refreshing”という単語も”涼しい”という意味として使えます。

The wind is so refreshing.
風がとても涼しい

「涼しくなってきた」は英語で

It’s getting cooler.

「It’s getting cooler」は、数日前などと比べて気温が低くなってきたなと感じる時などに使えます。

It’s getting cooler in the morning and evening.
朝晩すずしくなってきた

It’s getting ~.」で「~になっている

だんだん涼しくなっていると”だんだん”を強調したいときは、このように言えます。

It’s getting cooler and cooler.
だんだん涼しくなってきた

“and cooler”を付け加えることで、「だんだん」というニュアンスを表すことができるよ

「涼しい」を表す英会話フレーズ

It’s chilly this morning.
今朝は肌寒い
It’s sunny but cool.
晴れだけど涼しい
It’s a crisp day, isn’t it?
清々しくて良い天気だね

crispには「パリパリとした」「カリッとした」「サクサクした」などの意味があるよ。揚げ物、ピザの生地、クッキーなど、「クリスピー」な食べ物の食感を表現するときに使われることが多い単語だよね

「crisp」は、肌寒いけれど空気が澄んでいて、湿気がなくカラッと乾燥していて、気持ちの良い爽やかな天気を表現するときに使うことができる単語。日本語でいう「秋晴れ」にもぴったりの表現だね

It’s been getting cooler recently.
最近になってから、涼しくなったきた
It’s pleasant out.
外は涼しい(過ごしやすい)
It’s getting more comfortable.
涼しくなってきた(過ごしやすくなってきた)
「pleasant」「comfortable」ともに、「快適」「心地よい」という意味があります。「pleasant」も「comfortable」も気候に限らず、「過ごしやすい」「心地よい」を伝えたい時に使える単語です

まとめ

今回は、「涼しい」は英語で?涼しい気候を表現する英会話フレーズ!についてまとめてみました。

「涼しい」は「cool」以外にもいろいろな表現がありますね。天候を表すのに「crisp」という単語を使うのは意外でしたね。

次回、英語で天候の話をする時は「crisp」や「chilly」を使うと、ネイティブにも「おっ!」と感心されると思いますよ^^

こちらもおすすめ☆
「台風」は英語で何ていうの?いざと言う時のために覚えておきたい表現!ネイティブ音声付

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました