「そういえば」「ところで」は英語で?話を変えるときに使える表現5つ!

フレーズ

今日、高校の友達と話してると、「そういえば、○○(高校の友達)どうしてるかな?」という話題になりました。会話の中でも「…ところで、あれはどうなったの?」など、よくありませんか?
何気ない言葉ですが、そのような時、ネイティブはどう表現するのでしょうか?

今回は、「そういえば」「ところで」は英語でなんていう?話を変えるときに使える英会話フレーズ5つ!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「ありがとう」を英語で伝えたい!感謝の気持ちを表現する英会話フレーズ!ネイティブ音声付!

通常

By the way「ところで」

「by the way」は「ところで…」「そういえば」「話からちょっとそれるけど…」という意味で、突然の思いつきで話題を変えるときに使える表現です。

友達とのメールやチャットでは、”By the way”を省略して”btw”と略することもあります^^

By the way, did you get a chance to speak to Ken?
そういえば、ケンと話できた?
By the way, how did the test turn out? 
ところで、あのテストどうだった?
By the way, Emi never told me where she lives.
そういえば、エミはどこに住んでいるか教えてくれたことがない
By the way, can I talk with you for a minute?
ところで、ちょっと話する時間ある?
覚えておきたい単語
get a chance to~:~するチャンスがある
turn out:どうなる、分かる、判明する
for a minute:ちょっとのあいだ ※minute=1分ですが、「a minute」で「わずかな時間」という意味

Speaking of which「そういえば」

「Speaking of which」は、話題に関連してるけど話を別方向にもっていく場合に「そういえば」「〜の話で思い出したけど」のニュアンスがあり、ネイティブがよく使う表現です

Speaking of which, I need to buy a new toaster.
そういえば、新しいトースター買わないと
Speaking of which, how’s your sister?
そういえば、あなたの妹どうしてる?
Speaking of which, do you still study French?
そういえば、フランス語をまだ勉強してる?
Speaking of which, Jon’s going to play tennis this afternoon.
そういえば、ジョンは今日の午後テニスをするんだって

Speak of the devil「そういえば」「噂をすれば」

「speak of the devil」で「うわさをすれば影」という意味。
訳すると「悪魔のことを口にする」….ちょっと怖いですが(汗)、「噂をすればなんとやら….」という時に使えます。

Speak of the devil…. Look, who’s here!
噂をすればなんとやら…. 誰がここにいると思う
….Speak of the devil, we were just talking about you!
噂をすれば… 今ちょうど君の話をしてたところだよ

Come to think of it 「そういえば」「考えてみると」

「Come to think of it」は「そういえば」「考えてみると」という意味。「When I come to think of it」が短くなった形です。

自分がそれまでに言ったことや思っていたことに対して,考えてみたらそうでもない,少し違うかもしれない、のように、ふと何かを思い出した時に使われる英会話フレーズです。

「When I come to think of it」の”When”が省略されてます
Come to think of it, I don’t know where he lives.
そういえば、彼の住んでるところ知らないな
Come to think of it, I haven’t seen Lisa for a while. 
そういえば、しばらくリサ見かけないな~
Come to think of it, I have plans with my mom tonight.
そういえば、今夜お母さんと約束してるんだった
Come to think of it, Rachel’s birthday is coming up soon.
そういえば、もうすぐレイチェルの誕生日だ

覚えておきたい英単語
is coming up:近づいている

Now that you mention it「言われてみれば」「そういえば」

「Now that you mention it」は、言われるまでは気づいてなかったけど「言われてみれば、確かにそうかもしれない」「そういえば」という意味です。

「mention」は「言う」という意味ですが、「何気なく言う」のようなニュアンスがあります。

Now that you mention it, You look like your mother.
そういえば、あなたお母さん似だよね
Now that you mention it, I think I’ve heard that before.
言われてみれば、それ聞いたことあるような気がする
Now that you mention it, I haven’t seen Rob lately.
そういえば、最近ロブに会ってないな
Now that you mention it, Hana broke up with her boyfriend.
そういえば、ハナ、彼と別れたんだって

That reminds me「それで思い出した」「そういえば」

「That reminds me,….」は「それで思い出した」「そういえば」という意味。誰かの発言や起こした行動が、何かを思い出させたような時に使えるフレーズです。

「remind」は「思い出される」「気づかされる」という意味。
“mind”には「気づく」という意味があります。”re”をつけると、「もう1回」という意味がプラスになるので、もう一度気づかせる=思い出させる = remind
That reminds me, I need to buy some onions.
そういえば、玉ねぎ買わないと
Oh, that reminds me, I saw Ken yesterday.
そういえば、昨日ケン見たよ
That reminds me, I need to make an appointment too.
そういえば、私も予約しないと
That reminds me, I talked to Jon at the station last week.
そういえば、先週ジョンと駅で話したよ

Look, we have a lot of empty cans.
空き缶沢山たまってきたね

Oh that reminds me, is tomorrow trash day for cans?
あ、そういえば、明日缶ごみの日じゃない?

You are right! We have to put all the cans together.

そうだった~!空き缶まとめておかないと

Don’t forget about my empty milk cans too!
私のミルクの空き缶もわすれないでね~

まとめ

今回は、「そういえば」「ところで」は英語でなんていう?話を変えるときに使える英会話フレーズ5つ!についてまとめてみました。

この中でも「By the way」を知っている方は多いのではないでしょうか?
会話の中で「そういえば」という時「That reminds me」のように、すっと口に出てくると、英語の会話もますます楽しくなりますね^^

こちらもおすすめ☆
「忘れっぽい」「そそっかしい」は英語でなんていうの?使える英会話フレーズ・ネイティブ音声付!


英会話ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました