「頑張れ」英語で何ていう?励ます時に使う英会話フレーズ6つ!

フレーズ

落ち込んでいる人を励ますときや、「がんばって」って言いますよね。 そして、誰かが何かを達成しようとしている時や一生懸命になっている姿を見ると 「頑張れ!」と応援したくなりますよね。

日本では「ファイト!」といいますが、英語の「ファイト(Fight)」は「戦う」「ケンカしろ」という意味なので、ネイティブは「頑張れ=ファイト」とは言いません^^;

では、ネイティブは「頑張れ」というとう気持ちを伝えたいとき、どう表現するのでしょうか?

今回は、「頑張れ」は英語で何ていう?ネイティブが励ますときに使う英会話フレーズ6つ!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「残念」は英語で何ていう?残念な気持ちを伝える6つの表現!音声付

「頑張れ」「がんばって」を表す英語フレーズ

Good luck

日本語の多くのシチュエーションで使われている「がんばってね!」に一番近い英語表現が「Good luck!」で、もっともカジュアルで一般的な表現です。

「良い結果になりますように」というポジティブな表現です。

Good luck!
がんばってね
Good luck on your test next week.
来週のテスト頑張ってね
Good luck in New York.
ニューヨークで頑張ってね

I have a job interview tomorrow.
明日、仕事の面接があるんだ

Good luck on your interview!

面接がんばって!

You can do it

何かに挑戦する人に対してネイティブがよく使う「がんばってね」の表現。とてもポジティブな印象を与える表現で、相手を勇気づけたいときによく使う英語フレーズです。

「あなたなら出来る!」と信じた意味を込めて言う「がんばって!」です。
(”it” “this” どちらでもOKです^^)

You can do it!
あなたなら出来るよ
I know you can do it!
あなたなら出来るよ!(できるの知ってるよ!)
I’m sure you can do this.
あなたなら出来るよ!(できると確信してるよ!)

I’ll keep my fingers crossed

中指の先をぐぐっと下に下げた状態で人差し指と中指で”cross(十字架)”を作っているのが”fingers crossed”の状態です。

「幸運を祈ってるよ!」とか、「成功しますように!」など、これから起こることがいい方向に向かうように願うときに使う表現です。「がんばってね!」というニュアンスで日常的によく使われる英語フレーズです。

I’ll keep my fingers crossed!
がんばってね
Good luck with your test. I’ll keep my fingers crossed!
明日のテストがんばってね。幸運を祈っているよ!

Keep it up

「Keep up」は「続ける」という意味。調子が良かったり、物事がうまくいっている時に「これからも続けてがんばってください」というニュアンスで使われる英語フレーズです。

「今がんばっている事を続けていこう。努力していこう!」という気持ちを伝える表現です。

Keep it up!
その調子でがんばれ
Your English is getting better. Keep it up!
あなたの英語は上達している。その調子でがんばって!

How’s your project doing?
プロジェクトの進み具合はどう?

So far so good.
今のところ順調です

Great. Keep it up!
いい感じね。その調子でがんばって!

Hang in there

「Hang in there」 には、 「Don’t give up」 と同じ意味あいがあります。

物事がうまくいっておらず、厳しい状況に置かれている相手に対して「諦めるな!」や「もうちょっとの我慢だ!」という励ましの「がんばってね!」です。

Hang in there!
頑張れ。あきらめるな!
Just hang in there. I know you can do it.
あきらめないで頑張れ!君ならできるはずだ
Hang in there! We’re almost done.
がんばれ!もうすぐ終わるよ

I’m not sure if we can finish this project by tomorrow…
このプロジェクト、明日まで終わらせることが出来るでしょうか?

Hang in there! We’re almost done.
あきらめるな!もうすぐ終わるはずだよ

You can get through this

“get through”は、「通り抜けて向こう側に到達する」、「You can get though this」で、「君なら何とか切り抜けられるはず」という意味になります。

辛い出来事や悲しみを乗り越えて「がんばってね」と相手に伝える表現です。相手が前向きな気持ちを失いかけていても、プレッシャーをかけずに「大丈夫。君なら乗り越えられるよ」ということを伝えることが出来る英語フレーズです。

I know you feel really sad. But I know you can get though this!
悲しいの分かるよ。だけど、君ならなんとか乗り越えられるはず!

My wife left me… I don’t know how to live from now on.
妻が出て行った…これからどうやって生きていいのか…

I’m so sorry. But you can get though this. Get yourself together!
残念だけど、あなたなら乗り越えられるはずよ。しっかりして!

まとめ

今回は、「頑張れ」は英語で何ていう?ネイティブが励ますときに使う英会話フレーズ6つ!についてまとめてみました。

「頑張れ」にもいろんな英語の表現がありますね!英語で「頑張れ」と相手を応援したいときには、その場に応じた声掛けを使い分けることがポイントです。

いろいろな表現がありますが、どれもよく使われる英語フレーズなので、知っておくとコミュニケーションする上でとても役に立ちます。相手を想う気持ちを込めて、たくさんの英語を使い分け出来るようにがんばりましょう^^

こちらもおすすめ☆
「そういえば」「ところで」は英語で何ていう?話を変える時に使える表現!音声付

にほんブログ村 英語ブログ 初心者英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました