「ちなみに」は英語で?英会話を楽しむ為に覚えておきたいフレーズ6つ!

フレーズ

「…ちなみに、明日ひま?」
「ちなみに、明日は私の誕生日だよ」
「ちなみに、私はその意見に賛成できません」

会話の途中で話題を変える時や、相手が知らないことを伝える時に、「ちなみに」って言葉を使いますよね?会話の流れを自然に進めるためによく使われる言葉だと思います。

そのような、知っていると便利な「ちなみに」という言葉ですが、英語では何ていうのでしょうか?

今回は「ちなみに」は英語で?英会話を楽しむために覚えておきたい英語フレーズ6つ!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「仕方ない」「しょうがない」は英語で何ていうの?ネイティブが使う英会話フレーズ!音声付

通常

「ちなみに」をあらわす英語フレーズ

英語には「ちなみに」をあらわすフレーズはいくつかあります。フレーズによってニュアンスが違うので、場面ごとに使い分ける必要があります。例文と合わせて紹介してゆきますね^^

by the way「ちなみに」「ところで」

「by the way」はもっともポピュラーな「ちなみに」の英語の表現ですね。

「by the way」は「ところで」と訳されることが多いよね

何かの話のついでに突然思い出して「by the way」と言うこともあれば、ちょっとした話の後に本題に入りたいときに「by the way」と使うこともあります。こう言った場合は「話は変わるけど」と言うニュアンスが強いです。

By the way, are you free tomorrow?
ちなみに、明日ひま?
By the way, did you watch the news last night?
ところで、昨日の夜のニュース観た?
I’m Emma, by the way.
ちなみに、私はエマです

for your information「ご参考までに」

「for your information」は日本語の「ご参考まで」という意味があります。実際の会話でもメールでもよく使われるフレーズです。

「余談ですが」と言うニュアンスも含んでいますが、単なる補足ではなく、時には「言っておきますが…」と言うように相手に釘をさす時に用いる英語にもなります。

メールやチャットでは「FYI」と短縮される場合が多いよ

FYI, Lisa’s birthday is tomorrow!
ちなみに、明日はリサの誕生日だよ
FYI, the library is closed tomorrow.
ちなみに、明日は図書館は休みです
For your information, there’s another plan in the works.
ちなみに、他のプランもあります

incidentally「補足すると」

「Incidentally」にはもともと「付随的に」という意味があります。重要なトピックに比べて、それに付随するついでのトピックを述べる時に使い「補足すると」といった意味になります。堅いビジネス文書ではこちらを使う人が多いようです。

「By the way」や「For your information」より少しフォーマルなフレーズだよ

Incidentally, a new series starts today at 3 pm on ABC.
ちなみに、本日午後3時からABCで新しいシリーズが始まります
Incidentally, I had a complaint from a customer about you.
ちなみに、お客さんからあなたに対する苦情がありました
…Incidentally, it was the hottest week on record.
ちなみに、その週は観測史上に最も暑い週でした

As a side note「ちなみに」

ビジネスのプレゼンや会議の場でよく利用されるのが「as a side note」です。日常会話で使われることが少ないですが、ビジネスの場で何かを説明する時などには便利なフォーマルな英語の表現です。「as a side note」は「side note」は「追記」「注記」という意味です。

as a side note」の代わりに「on a side note」とも言うこともあるよ

As a side note, this is a true story.
ちなみに、この話は事実です
As a side note, I managed to organize a meeting with the CEO tomorrow.
ちなみに、明日、社長とのミーティングの機会を作りました

Just for the record 「念のために」

「for the record」には、「記録のために」「公式に」という意味があります。

「誤解を避けるために、自分の立場や意見をはっきり付け加えておきたい」という時に使える英語フレーズです。

「念のために言っておくけど」といったニュアンスで使えるよ

Just for the record, I don’t agree with any of this.
念のために言っておきますが、私はこれらについて全く賛成しません
Just for the record, I don’t like eating at this restaurant.
ちなみに、私はそのレストランで食事をしたくない

In addition「それに加えて」

「In addition」は「加えて」、「addition」は「追加」という意味です。独立して使うときはIn addition、あとに名詞を続けるときは「in addition to」を使います。

話を補足したい時や、付け加えたい時に使ってみて!

In addition, there’s a beautiful beach near the hotel.
付け加えると、ホテルのそばには美しいビーチがあります
In addition to Japanese, she speaks Italian.
日本語に加えて、彼女はイタリア語も話す

まとめ

今回は「ちなみに」は英語で?英会話を楽しむために覚えておきたい英語フレーズ6つ!についてまとめてみました。

「by the way」以外にもいろいろな「ちなみに」というフレーズがありますね。フレーズによって微妙に意味が違うので、シチュエーションによって使い分けてみてください。

これらのフレーズを使いこなせるようになると、会話がますます楽しくなると思いますよ^^

こちらもおすすめ☆
「とりあえず」は英語で何ていうの?ネイティブが使う英会話フレーズ6つ!音声付

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました