【動画】「痛い」は英語で?体の痛み表すpain/ache/hurt/soreの違い!

フレーズ

「足ぶつけた~!痛いっ!」
「頭痛がする」
「紙で指を切って痛い!」

日常生活の中で、体をぶつけたりケガをして「痛い」って言うことありますよね…

英語で「痛い」を調べると「pain」「sore」「hurt」「ache」といった言葉が出てきますが、例えば、「頭が痛い」という時、どの単語を使えば良いのか迷いませんか?

また、紙で指を切って「痛っ!」という時、ネイティブは英語で何というのでしょうか?

今回は、【動画】「痛い」は英語で?体の痛みを表すpain/sore/hurt/acheの違い!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「あざができた」は英語で何ていうの?「タンスの角で指をぶつけた!」ネイテイブ音声付

「痛い」「痛み」をあわらす英語フレーズ

pain「痛み」をあらわす一般的な表現

「pain」は「痛み」を意味する名詞です。「痛み」をあらわす時に最もよく使われる単語です。

けがをしたり、病気になったりして感じる、体の強い痛みのことを表すことができます。

「pain」はhaveかfeelとセットで使うことが多いよ。痛みを「感じる」という時は「I feel pain in my….」という言い方をするよ

I have a pain in my stomach.
お腹が痛い
I slept too long last night and I have a pain in my back.
夜、寝すぎて腰が痛い
I feel a sharp pain in my leg.
足に鋭い痛みを感じる

ache 継続している「痛み」

「ache」は「痛む」という自動詞です。「pain」と似たような意味ですが、「ache」は、長く続いている痛み・慢性的な痛みを表します。

特定の 「痛み」については、「その部位+ ache」で表すことができます。

headache:頭痛
stomachache:腹痛
backache:腰痛
toothache:歯の痛み

日本語でも身体の部位を使った「〜痛」という言葉があるよね

I have a backache.
腰が痛い
I took some pills for my stomachache.
お腹が痛かったので薬を飲んだ
I always have headaches after drinking coffee.
コーヒーを飲んだらいつも頭痛がする
My body aches all over after running 5 miles.
5マイル走って、体があちこち痛いよ

hurt 傷つけられた「痛み」

「hurt」には「傷つける」「けがをさせる」といった意味があります。動詞として使われることが多く、特にケガのように、外部から衝撃を受けて痛みが生じた痛みについて使われることが多い表現です。

「~が傷つけられている、だから痛い」ってニュアンス

「どこかにぶつけた時」や「けがをした時」など、身体のどこかの部分に痛みを感じる時に使える表現だよ

My neck hurts.
首が痛い
I hurt my neck. I think I twisted last night.
首が痛い。夜寝違えたみたい
My back has been hurting me since yesterday.
昨日から腰が痛い
Where does it hurt?
どこが痛いの?

I stabbed my toe against the drawer. It really hurts!
タンスに小指ぶつけた…かなり痛い!

Are you ok? I know how you feel… Put ice pack on it.
大丈夫?その痛み、よく分かるよ。アイスパック当てときな

sore ずきずき、ヒリヒリした「痛み」

「sore」は炎症で赤くなっている「痛い」や、打撲した時の青あざが「痛い」、運動で筋肉を使いすぎた「痛い」などによく使われる表現です。

「sore」は形容詞で、be + sore、a sore + 名詞(喉、足など体の一部)の形で使われます。

「sore」は、「傷がずきずき痛む」「喉がヒリヒリする」って時によく使われるよ

I have a sore throat.
喉が痛い
My feet were sore after standing all day.
一日中立っていて、足が痛かった
I’m sore from exercising.
エクササイズして筋肉痛だ 
I’m so sore all over after skiing!
スキーして筋肉痛で体中がすごく痛い

「痛いっ!」を英語で表現!

体をどこかにぶつけたり、けがをした瞬間「痛いっ!」って言いますよね。そんな時は英語で「Ouch!」と言います。海外ドラマでもよく出てきますよね^^

「Ouch!」はぶつけたり、けがをした瞬間に使う言葉です。足が痛いときなど「My leg is ouch.」のようには言わないので気をつけましょう。

紙で指を切って痛い

紙で指を切ると痛いですよね…

「紙で指を切った」は「I cut my finger(s) with a paper」という言い方もできますが、ネイティブは「I got a paper cut」と言います。「paper cut」で「紙で指を切った」という意味になるので、あえて「指(finger)」はつけなくて大丈夫です。

もし、顔などを切った場合は「I got a paper cut on my face」のように言います。(… 痛そう^^;)

Ouch!
痛っつ!

What happened?
どうしたの?

I got a paper cut. It hurts
紙で指を切った。痛い….涙

【動画】体の痛みをあわらす「ache」と「sore」の違い!

How to Describe Pain in English – Ache Sore – American English

まとめ

今回は、「痛い」は英語で?体の痛みをpain/sore/hurt/acheで使い分け!についてまとめてみました。

「痛い」は、英語でもできれば使いたくない表現ですよね^^; でも、海外でケガをした時、ホストファミリーや同僚に「痛い」を伝えることもあると思います。

今回、4つの表現を紹介しましたが、どれを使えばよいか迷ったら「I have a pain in ~」を使えば大丈夫です。ぶつけたり、けがをした瞬間の「痛い!」は「It hurts」と覚えておきましょう。

こちらもおすすめ☆
「台風」は英語で何ていうの?いざという時のために覚えておきたい表現!ネイテイブ音声付

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました