「お疲れさま」英語で何ていう?シチュエーション別英会話フレーズ

英語にはない日本語

今週もお疲れさまでした!

日本語では、「おつかれ」「お疲れさま」というフレーズ使うことが多いですよね。友達や同僚、そして、会社の上司に対しての定番あいさつとして使う人も多いと思います。

普段、その意味を深く考えずに使っている日本語の表現のひとつ「お疲れさま」 。日本語独特の言い回しと言えるこのフレーズですが、英語ではどう表現すればよいのでしょうか?日本では毎日いろんなシチュエーションで使うフレーズなので気になりますね~!

今回は、「お疲れさま」は英語で何ていう?シチュエーション別の英会話フレーズ!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「どういたしまして」は英語で何ていうの?ネイティブが使う「You’re welcome」以外の英会話フレーズ!

通常

「お疲れさま」は英語で

私たち日本人がよく使う「お疲れさま」というフレーズですが、英語には「お疲れさま」という言葉はありません。

私たち日本人は、仕事、部活、テストの後などに「お疲れさま」と言いたくなりますよね。そのような「お疲れさま」という気持ちを伝えたい時、英語ではどう表現できるのでしょうか?

日本語では、

★その日初めて会った時の「おはよう/こんにちは」という挨拶の「お疲れさま」

★仕事などの後に、「じゃあ家に帰るね。さようなら」という挨拶の「お疲れさま」

★仕事(勉強)「大変だったね、ご苦労さま」と相手をねぎらう時の「お疲れさま」

という、いろいろな「おつかれさま」がありますよね。

「お疲れさま」は英語に直訳できませんが、このようにシチュエーションごとに使う言葉を英語で表現すればよさそうですね^^

シチュエーション別の「お疲れさま」を表す英会話フレーズ

会った時のあいさつとしての「おつかれさま」

会った時のあいさつはシンプルです。時間帯にもよりますが、「おはようございます」「こんにちは」というように、あなたもすでに知っているフレーズを使えばいいですよ。職場などでまた顔を合わせた時も同じです。

職場の同僚に外で会った時も、「お疲れさま」「おつかれー」って言いますよね。 そんなときもこの表現を使えます。

Hi/Hello, ○○!
※○○には相手の名前を入れると好印象^^
How are you?
※少し丁寧な言い方
How are you doing?
How’s it going?
How’s everything?
What’s up?
※上司や目上の方にはあまり使わないようにしましょう(仲が良い場合はOK)

How’s it going, Emma?
エマ、お疲れ~

Not much. How are you doing, Ken?
あいわからず。おつかれさま、ケン

時間帯によって変わる「おつかれさま」

Good morning, ○○!
※「Morning!」と短縮することもあり。○○には相手の名前を入れます^^
Good afternoon.
Good evening.

別れる時のあいさつとしての「おつかれさま」

私たち日本人は、一緒に何かをしたあと別れのあいさつとして「お疲れさま」ということもありますよね。

「さようなら」「また明日」「また来週ね」といったあいさつが「お疲れさま」の代わりに使えます。

Bye!
See you tomorrow!
Catch you later!
※友達、同僚などに対して使うカジュアルな表現
Nice seeing you.

Bye, Emi!
おつかれ~、えみ

Catch you later, Take!
おつかれ~、武

時間帯によって変わる「おつかれさま」

Good night.
おやすみなさい
Have a good day.
良い一日を
Have a good evening.
よい夜を

また会うのが数日後、休暇後の時の「おつかれさま」

Have a good weekend!
よい週末を
See you Monday.
また月曜日にね
Enjoy your vacation!
楽しい休暇を

頑張った人に対する「おつかれさま」

最後は、本当に疲れている人や、たくさん働いた人などにねぎらいの意味で言うがんばったね、「お疲れさま」です。

「よくやったね」「やったね」といったほめ言葉に置き換えて表現するとよいでしょう。

Good job!
よくやった
Great work!
すばらしい仕事だね。※仕事やテストにも使えます^^
Excellent!
すばらしい
You did a great job!
良い仕事したね
 
Well done!
よくできたね
You’re the best!
さすがだね!
I know you did your best.
がんばったこと知ってるよ。※相手が何かに失敗したときに「よくがんばったね、お疲れさま」という時に使えます

長旅、会議などで疲れている人に対する「おつかれさま」

You must be very tired.
とても疲れたでしょう
You should take a rest.
ゆっくり休んでください

感謝の気持ちを込めて言う「おつかれさま」

Thank you for your hard work.
がんばってやってくれてありがとう
Thank you so much! You really helped me out.
ありがとう。本当に助かりました
I really appreciate your hard work.
あなたの献身的な仕事に本当に感謝いたします。※ビジネスメールにも使えます。

まとめ

今回は、「お疲れさま」は英語で何ていう?シチュエーション別の英会話フレーズ!についてまとめてみました。

シチュエーションによって、こんなにたくさんの「お疲れさま」があるんですね。

日本語では「お疲れさま」はいろんな場で使える便利なフレーズですが、どのような場面で使おうとしているのかをしっかり把握することによって、英語でも意外と簡単に「お疲れさま」を表現することができます。

シチュエーションや相手、そのときの自分の気持ちに合わせて「お疲れさま」と相手に声をかけてみてくださいね^^

こちらもおすすめ☆
「How are you?」と言われたら?「How are you?」に対する自然な返事!ネイティブが使う英会話フレーズ

にほんブログ村 英語ブログ 初心者英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました