「ビビる」は英語で?怖がって「怖気づく」の英会話フレーズ22選!

フレーズ

「クモにびびった!」
「ステージで怖気づいた」
「プロポーズ直前にビビる」

苦手な虫を見たり、いざという時に怖気づいたりしたとき「ビビった!」と、つい口から出てしまうことはありませんか?

怖い、びっくりと聞いて、「scary」「surprised」といった英語の単語を思い浮かべる方が多いと思いますが、ネイティブは「ビビる」をどのように表現するのでしょうか?

今回は、「ビビる」は英語で?怖がって「怖気づく」ときの英会話フレーズ22選!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「緊張する」は英語で?ネイティブが使う「ドキドキ」の英会話フレーズ18選!音声付

「ビビる」をあわらす英会話フレーズ

freak out「ビビる」

「freak out」は、「怖がる」「おどろく」「ビビる」という意味です。

「びくびく興奮する」という意味もあり、恐怖というよりも心配する気持ちや気持ちの高まりを意味する英語のフレーズです。

「freak out」は、「焦ったり怖がっている」ときに使うスラングだよ

I’m totally freaking out!
かなりビビってる
She freaked out at the last minute.
彼女は直前にびびった
I’m freaking out because I have to give a presentation.
プレゼンをしないといけなくなりビビってる
The spider freaked me out!
クモにビビった!

I can’t wait to see you on the stage tomorrow!

明日、ステージ見るの楽しみー!

I’m totally freaking out! I hope I won’t make any mistakes.
かなりビビってる!失敗しないといいけど

I’m 100% sure you’ll be okay!
100%大丈夫だよ!

get nervous「緊張する」

「nervous」は、「緊張する」という意味です。「get nervous」で「ナーバスになる = ビビる」というニュアンスでよく使われる英語の表現です。

「get」の代わりに「is/are」を使うと、「緊張している(控えめのビビる)」というニュアンスになるよ

I got nervous in front of the crowd. 
大勢の人の前でビビった
I get nervous around my boss.
ボスの近くにいるとビビる
He gets nervous easily.
彼はビビり屋だ
He got nervous at his job interview.
彼は仕事の面接でビビった

scared「ビビる」

「scared」は、「怖い」「おびえた」「びっくりした」という意味があります。

何かに怖がっている、おびえている時によく使われる「ビビる」の英語の表現です。

「scared」は、お化けや動物、恐れを感じさせるような音(変な物音、雷…)などに驚かされて怖いときに使う表現だよ

I was so scared to see a spider.
クモを見てビビった
She gets scared easily.
彼女はびびりやすい
I got scared when I heard the thunder.
雷を聞いたときビビった
I’m too scared to ever go to a haunted house.
かなりビビり屋だから、お化け屋敷なんて行けない

ちなみに、「scared」を使った「Scaredy cat(臆病者)」という表現もあります。子供っぽい表現ですが、怖がりの大人に対しても使えるフレーズです^^

He’s a scaredy cat.
彼はビビり屋だ
Don’t be such a scaredy cat!
そんなにびくびくするなよ!

chicken out「おじけづく」

「chicken out」は、「ビビる」「おじけづいてやめる」という意味です。

同じ意味として使えます。「やろうと思っていたことを、怖くなってしまい途中でやめてしまう」時に使われる英語の表現です。

「chicken out」は、「びくびくした状態」「ビビった気持ち」を表すことができるスラングだよ

日本語でも「臆病な人」「勇気がない人」に対して「チキン」って言うよね

I couldn’t do it. I chickened out.
びびって出来なかった
I chickened out to go on the date.
びびってデートをすっぽかした
I wanted to ask her out, but I chickened out at the last minute.
彼女を誘いたかったけど、ビビって出来なかった
Don’t chicken out!
ビビるなよ!

He’s looking at you. Why don’t you talk to him?
彼、エミのこと見てるよ。話して来たら?

You think so? Maybe I should or… later….
そう思う?どうしよう、やっぱ後にしようかな…

Don’t chicken out! I’ll go with you.
ビビらないで!私も一緒に行くから

get cold feet「おじけづく」

「get cold feet」は、「おじけづく」という意味です。

不安や緊張などで精神的に追い込まれた結果、怖気づいてすべきことをできなかった時に使える英語のフレーズです。

例えば、「プロポーズをする時に、怖気づいて言葉が出てこなかった」のように、いざという時に足がガタガタしてしまいできなかった、という時に「get cold feet」という表現を使います。

「何かをする直前になって、おじけづいて、やめる」という意味だよ

「get cold feet」は直訳すると「足が冷たくなる」という意味だけど、「足が冷えてがたがた震える → おじけづく」と覚えるとよさそうだね

He tried to ask her out, but he got cold feet.
彼は彼女を誘おうとしたけど、びびってしまった
I was going to try bungee jumping, but I got cold feet.
バンジージャンプをしようと思ったけど、ビビってしまった
My piano recital is tomorrow. I’m starting to get cold feet.
明日はピアノリサイタルなんだけど、びびっているよ
She got cold feet before her wedding.
彼女は結婚式の直前に怖気づいた

まとめ

今回は、「ビビる」は英語で?怖がって「怖気づく」ときの英会話フレーズ22選!についてまとめてみました。

英語の「ビビる」にもいろいろな表現がありますが、「scared」と「nervous」を使った表現が一般的によく使われる表現です。「freak out」「chicken out」は、特に、若い人たちに使われるスラングです。

クモを見てびっくりした!といった時は、「I got scared to see a spider!(クモを見てびっくりした!)」「The spider freaked me out!(クモにビビった!)」のように、使ってみてくださいね^^

こちらもおすすめ☆
「嫌い」「好きじゃない」は英語で?ネイティブが使う英会話フレーズ28選!音声付

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました