「頭がいい」「賢い」は英語で?clever, smart, intelligentの使い分け!

フレーズ

「あの子は、本当に頭がいい」
「彼は賢くて成績も良い」
「ずる賢く人を騙すタイプ」

あなたは「頭がいい」と聞いて、どんな英語の単語を思い浮かべますか?clever, smart, intelligent, wise?

「頭がいい」をあらわす単語はたくさんありますが、単語によってニュアンスが違ってきます。ほめ言葉として言ったつもりが、相手を不愉快な気分にさせしまった、という話も聞いたことがあります。そのような間違いをしないために、単語にどのようなニュアンスがあるのかを覚えておきたいですよね。

今回は、「頭がいい」「賢い」は英語で?clever, smart, intelligentの使い分け!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「厳しい」は英語で?「難しい」「きつい」をあらわす英会話フレーズ20選!ネイティブ音声付

「頭がいい」「賢い」の英語の表現

clever「頭の回転が速い」

「clever」には、「賢い」「利口な」という意味があり、「頭の回転が速い」というニュアンスがある「頭がよい」です。

人の知識や、頭の良さを評価する時に使う「頭が良い」の英語フレーズです。

「clever」には、「物事を素早く考える」「問題解決が早い」という意味があって、物事を「うまいことやる」というニュアンスだよ

「clever」には、「巧妙な」「ずる賢い」というニュアンスもあります。主にポジティブな意味として使われることが多い表現ですが、使い方によっては「ずる賢い」というニュアンスも含まれている場合があります。

「clever」は、裏の手をつかったりする、「ずる賢い」という悪い意味になることもあるんだね

 
You are so clever!
頭いいね!
He’s quite clever and does well at school.
彼はかなり賢くて、成績もよい
I don’t think I can do that. I’m not clever enough.
出来ないと思う。私は頭が良くないから
She’s very clever at tricking people.
彼は人を騙すのが得意だ

smart「頭がいい」

「smart」には、「頭がいい」「知性がある」「理解が早い」といった一般的な「賢い」という意味があります。

「smart」は、広い意味で「頭がよい」をあらわすことができ、いろいろなシチュエーションで使う事ができる英語の表現です。

「smart」は、「理解が早くて、要領よくこなす」ってニュアンスだよ

日本では、「smart = 細い」という意味でも使われるけど、アメリカ英語では「smart = 頭がいい」だよ

あと、「smart」は「book smart(勉強が得意)」「street smart(生きるための知識や知恵が豊富)」のように使われることもあるよ

He’s very smart.
彼はとても頭がいい
She’s such a smart kid.
彼女は本当に賢い子供だ
He’s as smart as his brother.
彼は、彼の兄と同じぐらい頭がいい
Ken is book smart but he lacks common sense sometimes.
彼は勉強が得意だけど、ときどき常識がない

intelligent「知能が高い」

「intelligent」には、「頭が良い」「知能が高い」という意味があります。

「物事を理解し、考えるが上手い」「学力の高い人」という意味合いがあり、知識があって勉強ができる人に対して使う「頭が良い」の英語の表現です。

「clever」のような、「ずる賢さ」「要領の良さ」はなく、「intelligent」は「知能が高く理解力がある」をあらわす表現だよ

「intelligent」は、頭の賢い動物(チンパンジー、犬など)に対しても使えるよ

You’re so intelligent!
あなたは賢いね!
He’s the most intelligent student in his school.
彼は学校で一番賢い生徒だ
That’s a very intelligent answer.
賢い回答だった
Be more intelligent!
頭を使いなさい

wise「賢い」

「wise」には、「賢い」「知恵がある」「賢明な」という意味があります。

「wise」は、生まれながらの「賢さ」ではなく、経験に裏打ちされた賢さをあわらす時に使います。ただ勉強が出来るという意味合いよりも、「知恵がある」「思慮深い」「分別がある」といったニュアンスを含みます。

「知識が豊富」「最適な判断を下せる」という意味があるよ

It was a wise decision.
それは賢明な決断だった
It’s wise to accept the offer.
そのオファーに応じるのは賢明だ
She was wise to refuse his offer.
彼女が彼のオファーを断ったのは賢明だった

まとめ

今回は、「頭がいい」「賢い」は英語で?clever, smart, intelligentの使い分け!についてまとめてみました。

「頭がいい」は、日本語では、ひとことで言うことができますが、英語ではニュアンスによって単語を使い分ける必要があります。

clever:利口な、頭の回転が速い ※「ずる賢い」というニュアンスもあるので注意が必要
smart:知性がある、理解が早い ※広い意味で使える「頭がいい」
intelligent:知能が高い、学力が高い
wise:知恵がある、賢明な、思慮深い

日常の会話で、「頭がいいね」という時は「You are so smart!」が最も自然なほめ言葉だと思います。私も言われてみたいです。笑

こちらもおすすめ☆
「普通」は英語で?「普通の人」「普通です」を英語で言えますか?ネイティブ音声付

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました