「頼る」「あてにする」は英語で?ネイティブが使う英会話フレーズ16選!

フレーズ

「頼りにしているよ」
「両親のお金を当てにする」
「何かあったら頼ってね」

いつも誰かをあてにはしたくないですが、いざという時は人に頼ることもあると思います。また、友達が悩んでいる時は、「何かあったら頼ってね」と声をかけてあげたいですよね。

「頼る」と聞いて、「depend on」という表現を思い浮かべる方も多いと思いますが、英語ではほかにもいくつかの表現があります。

今回は、「頼る」「あてにする」は英語で?ネイティブが使う英会話フレーズ16選!についてまとめてみました。

こちらもおすすめ☆
「前向き」「ポジティブ」は英語で?「前向きな人」など、英会話フレーズ14選!音声付

「頼る」「あてにする」の英会話フレーズ

depend on「あてにする」

「depend on~」は、「~に頼る」「~を当てにする」という意味です。

「depend」は「依存する」というニュアンスが強く、信頼よりも無条件に相手を当てにして「依存する」「ぶら下がる」という意味合いになります。

「depend」の「de」は「下に」、「pend」「吊るす」って意味だよ。ペンダント(pendant)をイメージするといいね

「depend」は「ぶら下がる」ってことか~。「depend on~」で「~にぶら下がる」「~に依存する」って意味なんだね。納得

「depend on 人 for ○○」という形で、「○○について、人に頼る」という使い方をします。

I depend on you.
頼りにしてます
She’s depending on her older brother.
彼女はお兄さんを当てにしている
You can depend on me anytime.
どんな時でも頼っていいよ
She depends on her parents for money.
彼女は両親のお金を当てにしている
She’s depending on me to help her.
彼女は私の助けに頼っている

count on「頼りにする」

「count on~」は「~を頼りにする」「~を当てにする」という意味です。

「count」は「数える」「計算する」「数に入る」という意味の英語の単語です。「頼りにする」という意味ですが、特に、「計算ずくで頼る(頼れるはずだと確信している)」というニュアンスになります。

「count on + 人」の形になると「(人)を数える」、つまり、「当てにする」という意味になります。

count on + 物事」だと、「何かが起こることや、手に入ることを期待する」という意味になるよ

「私に頼って/任せて」という時は、「(You can) count on me」と言えるよ

I’m counting on you.
頼りにしているよ
I’m counting on you to do a great job.
良い仕事をしてくれることを当てにしているよ
I feel that I can always count on you.
いつでもあなたを当てにできる気がする
You can count on me.
任せてください
Count on me if you ever need anything.
もし何かあったら、頼ってね
 
I was counting on that money. Now what am I going to do?
そのお金を当てにしていたのに。これからどうすればいいの?

rely on「頼る」

「rely on~」は、「~に頼る」「~を当てにする」という意味です。

「rely」 は、何らかの経験や判断に基づいて、「信頼する」「当てにする」というニュアンスで、「(相手を)信頼しているから、頼れる」という時に使われる英語の表現です。

「相手やモノを信用して、よりどころにしている」ってニュアンスだよ

「count on」と「rely on」はほぼ同じ意味として使えるよ

You can rely on me.
任せてください
He relies on his parents for their money.
彼は両親のお金を当てにしている
I need someone I can rely on.
頼れる人が必要だ
Don’t rely too much on others.
人に頼り過ぎないように
Many people rely on their phones too much.
多くの人は携帯に頼りすぎている

まとめ

今回は、「頼る」「あてにする」は英語で?ネイティブが使う英会話フレーズ16選!についてまとめてみました。

英語の「頼る」にもいくつかの単語がありますが、それぞれ微妙にニュアンスが違います。

I depend on my brother:兄弟を当てにする(依存する)
I count on my brother:兄弟を頼りにする(頼れるはずだと確信している)
I rely on my brother:兄弟に頼る(信頼して頼る)

友達などが悩んでいる時は、「Count on me if you ever need anything.(何かあったら他頼ってね)」のように声をかけてあげてくださいね^^

こちらもおすすめ☆
「ありがとう」を英語で伝えたい!感謝の気持ちを表現する英会話フレーズ36選!ネイティブ音声付

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました