「シーチキン」は英語?…残念ながら、海外では通じない英語です!

英語の話

シーチキンは手軽で便利ですよね♪
うちではツナサンドイッチを作るために、いつも常備してあります。

Tuna sandwich is one of my favorites!
ツナサンドイッチは僕の好きな食べ物のひとつ

ところで、日本ではツナ缶のことを”シーチキン”といいますが、シーチキンは英語なんですかね?「カタカナ言葉だから英語じゃないかも?」と疑うクセができました。笑

今回は、「シーチキン」は英語?… 残念ながら、海外では通じない英語です。についてまとめてみました。

「シーチキン」は英語ではない

「シーチキン」は、はごろもフーズ社のマグロ缶詰の商標名です。
名前の由来は、まぐろが「海(sea)のトリ(chicken)」と呼ばれていることからだそうです。

Wikipediaに飛びます
シーチキン

「シーチキン」は英語ではありません。
海外で「シーチキン」と言っても通じません><

「まぐろ缶」は英語で

まぐろは英語で「tuna」といいます。
ちなみに、かつおも英語では「tuna」です。

缶詰めは「can」

a can of tuna:まぐろ缶
Tuna in Water:水煮
Tuna in Oil:油漬け

「tuna」の発音

「tuna」の発音ですが、ツナ(tsuna)ではありません。
 
スペルを見ると、「tuna」の「tu」に”s”は入っていません。…ということは、sは発音しません。カタカナで書くのは難しいのですが、「トゥ」という感じに近いです。
「tuna」=「トゥーナ」
 
日本語のタ行は”タチツテト(ta chi tsu te to)” ですが、
 
ta ti tu te to
 
のように、”c”や ”s”を入れない音の発音もできるようになると、正しく発音できる単語の数が増えます^^
 
そして、「can」の発音ですが、日本語でいう「カン(缶)」ではなく、I can do it. の「can(キャン)」です。※アメリカ英語の発音

Chicken of the Sea

「Chicken of the Sea」はアメリカのブランド名。シーフードの缶詰めを作る会社です。

アメリカの「Chicken of the Sea」のサイトに飛びます。英語ですがレシピなどもあって、みているだけでも楽しいです*^^*
Chicken of the Sea

日本の「シーチキン」は「Chicken of the Sea」という名前から影響を受けているとも聞いたことがあります。

この缶詰を初めてみた時、「シーチキン

だー!」って感動した。笑

そして、「sea」の発音ですが、”シー”ではありません。「Chicken of the She(シー)」って言っちゃうと、何のことかさっぱりですね^^;

「sea」「see」「c」はすべて同じ発音だよ

「sea」の発音については、こちらを参考にしてみてください☆
「see」と「she」発音の違い分かりますか?日本人が間違えやすい英語の発音。ネイティブ音声付!

アメリカでまぐろ缶を探しているときは、「A can of tuna」または、「Chicken of the Sea」と言ってみてください^^

まとめ

今回は、「シーチキン」は英語?… 残念ながら、海外では通じない英語です!についてまとめてみました。

ずっと「シーチキン = ツナ缶」と、なにも考えずに買っていましたが、アメリカで「Chicken of the Sea」の缶詰をみたとき、「だから、”Sea Chicken”なんだー!」っと頭の中でぴかっとしたのを覚えています。笑
海外やコストコに行ったときは、「Chicken of the Sea」、探してみてくださいね^^

「sea」と「she」の発音の違いを知りたい方。こちらで詳しく説明しています☆
「see」と「she」発音の違い分かりますか?日本人が間違いやすい英語の発音。ネイティブ音声付!


英語ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました